メッセージ

 

金沢市では、2009年6月のユネスコ創造都市ネットワーク認定によって、世界の創造都市の皆様との交流が生まれ、都市の価値を高めてくれています。

2011年のユネスコ創造都市ネットワークソウル会議において、私は市長ラウンドテーブルに出席し、2015年の金沢会議招致について、意思表明をしました。その後、2013年のボローニャ会議において、議決をいただきました。そして、このほど、ユネスコ創造都市ネットワーク金沢会議を開催し、世界の創造都市の皆様をお招きできることは、大きな喜びであり誇りです。

ユネスコ創造都市ネットワークは、2004年の創設から十年が経過しました。
金沢会議は、32か国69都市に拡大したこのネットワークが、都市の持続可能な発展、文化多様性の保全にさらなる貢献を果たしていくため、来たる十年の可能性について、意見を交わし、共有することが期待されています。

そのため、各都市代表者による全体会議に加え、市長ラウンドテーブル会議を開催し、地域の個性や魅力を活かした創造都市のまちづくりについて、また、ネットワークの発展に果たす市長の役割について、議論したいと思います。

併せて、工芸、食、芸能などの金沢の文化に触れていただく中で、都市間の交流や連携を深めていただければ幸いです。

世界の創造都市の皆様とお会いすることを楽しみにしています。


 
金沢市長 山 野 之 義

PAGE TOP